トップ  >  ★瑠璃光寺五重塔  >  瑠璃光寺五重塔の特徴・勾欄
瑠璃光寺五重塔 特徴 勾欄

瑠璃光寺五重塔の特徴−勾欄(こうらん)


瑠璃光寺五重塔の勾欄(こうらん)

二層目に勾欄(こうらん)があります。

二層目だけ勾欄(こうらん)を持つのは全国でも瑠璃光寺五重塔だけです。




 


瑠璃光寺五重塔の全体の建築は、平安時代から行われている「和様」という建築様式でつくられています。

また、勾欄の四隅の柱が逆連柱になっているので、勾欄は、鎌倉時代から使われている唐様(禅宗様)になっています。



 
 

見残しの塔―周防国五重塔縁起 (文春文庫)
見残しの塔―周防国五重塔縁起 (文春文庫)

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:15 平均点:4.67
前
瑠璃光寺五重塔の特徴・屋根
カテゴリートップ
★瑠璃光寺五重塔
次
瑠璃光寺五重塔の特徴・低減率