トップ  >  ★瑠璃光寺五重塔  >  瑠璃光寺五重塔の特徴・風鐸
瑠璃光寺五重塔 特徴 風鐸

瑠璃光寺五重塔の特徴−風鐸




屋根の下に風鐸がぶら下がっています。

瑠璃光寺五重塔は、相輪の九輪の下に風鐸(ふうたく)がついています。

江戸末期まで現存する22基の五重塔の内、九輪
に風鐸がついている塔は、5基のみです。

 




 

 

見残しの塔―周防国五重塔縁起 (文春文庫)
見残しの塔―周防国五重塔縁起 (文春文庫)

 

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:16 平均点:5.00
前
瑠璃光寺五重塔の特徴・初層内部の須弥壇
カテゴリートップ
★瑠璃光寺五重塔
次
瑠璃光寺五重塔の大正時代の解体修理で巻斗の墨書きから完成時期判明