トップ  >  ★山口の人物  >  鉄道の父 井上勝

 「鉄道の父 井上勝」


1843年(天保14年)山口県萩市に生まれる。
藩庁移転に伴い山口市小鯖に移転


 「長州ファイブ」の一人。

長州ファイブは、伊藤博文ら密かにイギリスに渡たり、帰国後に近代国家の礎を創った5人。イギリスで、駅や鉄道を視察し、一度に多くの人や貨物を運べる鉄道の必要性を痛感した。
 

 1868年(明治元年)に帰国し、明治5年には、日本初の鉄道「新橋〜横浜間」を工事責任者として開通させた。その後、鉄道局長となり、「京都〜大津間」は、初めて日本人だけの手で完成。
 

鉄道庁長官として東北線を敷設する際、広大な荒地を農場に変えようと念願し、岩手県の「小岩井農場」が誕生した。小岩井の「井」は井上勝の頭文字の「井」である。
 

 1910年(明治43年)欧州鉄道視察中ロンドンに病に倒れ、68歳で息をひきとる。
 

 1914年(大正3年)功績をたたえ、東京駅丸の内中央口に銅像が建てられる
 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:15 平均点:6.00
前
種田山頭火
カテゴリートップ
★山口の人物
次
長州ファイブ